相続の基礎知識

相続問題は他人事ではありません
●相続とは"もめる"ものと考えましょう
普段からみな仲が良く、絵に描いたように幸せに見える家族でも、遺産相続の問題では"必ず"と言って良いほどもめるものです。おおげさに聞こえるかも知れませんが、決して誇張しているわけではありません。自分の家ではこの問題が絶対に起きないとは言い切れる方もまずいないのではないでしょうか。

遺産相続、遺産分割の問題は、"もめる"ことを前提にすべきとお考え下さい。

●生前にしっかりとした"相続対策"を
遺産相続の問題がいっさい起きず、スムーズに相続問題が解決するご家族も実際にありますが、その一方で「うちの家族は大丈夫」「もめるほどの財産もないし」といった楽観的なお考えを持ったご家庭で、数多くの悲劇が生まれているのも事実です。

たとえわずかな財産だったとしても、相続する側からすると「もらえるものなら、少しでも多くもらいたい」と考えるのが普通です。どんなに子供の頃から兄弟姉妹の仲が良くても、相続の時に各々どんな状況でその時を迎えるかは、誰も分かりません。相続人ではない配偶者の意見が影響を与えることもあります。各家庭それぞれの事情の中で、目の前に無償で手に入る財産があったとしたら、争わずにお互い譲り合おうなどとは、とても考えないでしょう。

もめることを前提にして、生前にしっかりとした相続対策を練っておけば、"もめる"相続を避けることができます。

●相続とは"単なる金銭問題"ではありません
遺産相続、遺産分割についてお考えになったことがある方にお話を聞くと「遺産相続の問題を話し合うことを通じて、いかに自分が良い家族とともに、幸せな人生を送ってきたか再認識できました。」とか「お金の話になるのでこれまで話題にすることを避けてきましたが、思い切って家族と話し合ってみたら、かえって家族同士の絆が深まりました。」
など、非常に有意義な感想を述べられる方が多いことに驚かされます。

あらためて相続問題を考える大切さがわかっていただけるのではないでしょうか?

●相続人同士の無益な争いを引き起こさない決め手は、遺言書の作成です
「誰に」「何を」「どれだけ相続させたいのか」元気なうちに一度じっくり考え、ご家族と話し合うべきです。遺言書は残されるご家族への、あなたの最後の思いやりとも言えるでしょう。

誰もが納得できる遺言書を作成するためには、遺言書を書く方が相続の基礎知識を持つことも欠かせません。

わたなべ事務所は、そんなあなたのお手伝いをさせていただきます。

相続制度のあらましについてはこちら
遺言についてはこちら
遺言の種類についてはこちら
遺産分割協議についてはこちら
遺留分などその他相続関連知識についてはこちら

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
東京23区、小平市、国分寺市、小金井市、東村山市、その他都内全域。神奈川、千葉、埼玉、茨城、山梨など関東近県も対応可能です。

お問合せフォーム