2. 特別受益

相続人の中に、被相続人から遺贈を受けたり、生前に特別な贈与(大学院の学費、留学の費用、住宅取得資金、結婚時の持参金など)を受けたりした人がいた場合に、相続に際して、この相続人が他の相続人と同じ相続分を受け取るとすれば不公平になります。これら遺贈や贈与など特別な受益を相続分の前渡しとみて、それらを相続財産に持ち戻し(上乗せ)をして相続分を計算する制度のことです。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
東京23区、小平市、国分寺市、小金井市、東村山市、その他都内全域。神奈川、千葉、埼玉、茨城、山梨など関東近県も対応可能です。

お問合せフォーム