1.遺言能力について

遺言は、満15歳以上で、意思能力(自分自身で物事を考え、判断し、その結果を認識できる能力)がある状態なら、誰でも作成できます。なお、遺言には無能力者制度の適用がありませんので、成年被後見人であっても、遺言の時に本心に復し、意思能力を有していれば有効な遺言となります。(ただし医師2人以上の立会いが必要です。)

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
東京23区、小平市、国分寺市、小金井市、東村山市、その他都内全域。神奈川、千葉、埼玉、茨城、山梨など関東近県も対応可能です。

お問合せフォーム