1.遺言の必要性

現在、遺産相続に備えて生前に遺言を用意する方は、非常にわずかです。(公正証書遺言だけで年間死亡者の約7%の方しか作成されていません。)

遺言という言葉自体は一般的になってはいますが、その内容や意義について、十分に理解されている方は少ないのではないでしょうか。

また『遺言』という言葉のイメージから「自分が死ぬことを前提としたものなんて縁起が悪い」とか、「まだまだ自分は元気なのだから必要ない」とお考えになる方、あるいは相続という問題について、「自分たちにはたいした財産がないので、モメごとなんて起きない」と自分には関係ないと思う方が多いのが現実ではないでしょうか?

(1)法定相続の問題点
もし、被相続人による遺言がない場合、法律で定められた分配方法に基づき、相続人同士の協議によって財産の分割を具体的に決定していきます。これを法定相続といいます。

相続人どうしの間で遺産分割をめぐり争いが起こってしまった、という話を耳にされたことがある方は多いと思います。相続がきっかけとなって、文字通り「兄弟は他人の始まり」になるケースは少なくありません。特に親族間における遺産をめぐる紛争というのは、どうしても感情論になりやすく、話し合いによる解決が難しいばかりでなく、裁判になったりするなど、長期にわたるトラブルとなることが多いのです。これらの紛争の大部分は、遺言書がなく、被相続人の最終意思がはっきりしていなかったために起きています。

(2)遺言書(指定相続)は法定相続に優先する
遺言書による相続を指定相続といい、これは法律上先に述べた法定相続に優先します。遺言書を作成しておけば被相続人が亡くなった後に、それぞれの財産をどの相続人にどのように分配するかをあらかじめ指示しておくことができ、後々のトラブルを防ぐ有効な手段になるのです。

残された遺族も、その遺言が被相続人の意思だと思えば、よほど不公平な内容でない限り、たいがいの場合納得するものですし、法的に見ても遺留分が侵害されるなどの問題がない限り、争うことができません。遺言書で明確な意志表示をし、紛争のタネを取り除いておくことは、あなたの家族への最後の愛情、思いやりと言えます。

遺言作成のメリット
(1)相続財産をめぐる相続人間の紛争を回避できる。
(2)遺言者の意思に基づいた財産の分配ができる。
(3)遺言者の希望を、相続人やその周囲の人に明確に託すことができる。
(4)相続人が相続財産を捜索する時間、労力の浪費を防ぐことができる。
(5)遺言者に安心した生活、(もし病気になっても)平穏な療養環境をもたらす。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
東京23区、小平市、国分寺市、小金井市、東村山市、その他都内全域。神奈川、千葉、埼玉、茨城、山梨など関東近県も対応可能です。

お問合せフォーム