3.単純承認と限定承認

借金や保証債務などマイナスの財産まで自動的に引き継いでしまうのは不合理です。そこで、相続には相続の承認という制度があり、2つの方法が用意されています。

1つ目は、「単純承認」です。プラスの財産もマイナスの財産もすべてまとめて相続するということであり、この場合、マイナスの財産についても相続分に応じてその責任を負うことになります。相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に何もしなければ、単純承認したことになります。

2つ目は、「限定承認」です。プラスとマイナスのどちらが大きいかよく分からないときに用いられ、「相続で得たプラスの財産の範囲内で債務(マイナスの財産)を引き継ぎます」とういうものです。ただし、単純承認は簡単にできるのですが、限定承認は、相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に、相続人全員がそろって家庭裁判所でしなければなりません。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
東京23区、小平市、国分寺市、小金井市、東村山市、その他都内全域。神奈川、千葉、埼玉、茨城、山梨など関東近県も対応可能です。

お問合せフォーム