行政書士の仕事とは

行政書士の仕事は法律上どのように規定されているのでしょうか?

行政書士法では、以下のように定められています。

(業 務) 第1条の2 行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類 (略) その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成することを業とする。 2 行政書士は、前項の書類の作成であっても、その業務を行うことが他の法律において制限されているもの(※)については、業務を行うことができない

第1条の3 行政書士は、前条に規定する業務のほか、他人の依頼を受け報酬を得て、次に掲げる業務を業とすることができる。ただし、他の法律においてその業務を行うことが制限されている事項については、この限りでない
前条の規定により行政書士が作成することができる官公署に提出する書類を官公署に提出する手続及び当該官公署に提出する書類に係る許認可等 (...略...) について代理すること
前条の規定により行政書士が作成することができる契約その他に関する書類を代理人として作成すること
前条の規定により行政書士が作成することができる書類の作成について相談に応ずること

(※)弁護士法、司法書士法、社会保険労務士法、税理士法など。

行政書士は、官公署への手続きや権利義務、事実証明関係書類等に関する法律と実務の専門家です。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
東京23区、小平市、国分寺市、小金井市、東村山市、その他都内全域。神奈川、千葉、埼玉、茨城、山梨など関東近県も対応可能です。

お問合せフォーム